Browsing Category

スナック

スイーツ スナック 飲み物

Atole & Buñuelos

20/06/2020

・・・ アトレとブニュエロス・・・

パンクな彼氏の家に引っ越しをし、やっとの思いで赤と黒の壁をブルーグレーと白に変更した私 (わけがわからない方はこちらをご参照ください) 。次なるミッションはドクロ駆除です。

想像に難くないと思いますが、パンクな彼の家にはいたるところにドクログッズが置いてあります。大きなドクロから小さなドクロまで、各種取り揃えてございます。
慣れてくるとそのすこぶる大きく黒目がちな瞳も可愛いと思えますし (黒目じゃなくて穴ですが。)、むき出しで整った歯並びもチャーミングだと思えるようになります。長年パンクGジャンの呪いにかかっている私にとっては、もはやドクロもキティちゃんもそれほど大差はないのですが、ただ、この呪いからなんとかして抜け出そうと密かにお料理ブログをやりだし、料理を通じてあわよくば意識高い系おしゃれ女子たちと友達になりたいと目論んでいる私にとって、料理写真撮影の際に背景にうっかりドクロが写り込んでしまったらせっかくのこの作戦が台無しになってしまいます。
さっさとドクロを駆除しなければ、おしゃれ女子とオーガニックカフェでオーツラテを飲む私の夢が水の泡。

ですが、人の家の壁の色や家具を全取っ替えしてただでさえ独裁者呼ばわりされている今の状況で、ここにある全てのドクロを一斉排除すると、自由と権利を求めて革命でも起こされかねないので、細心の注意を払いながら少しずつ気付かれないようにドクロ駆除をする必要があります。
頻繁に部屋の模様替えをし、彼の記憶が曖昧になってきたところを見計らってはドクロを屋根裏に移動して浄化。悪霊退散、悪霊退散、もはや気分は織田無道。

ということで、今日のおやつ。メキシコのお盆、”ガイコツ祭り” で有名な『死者の日』に欠かせない飲み物とされるアトレ。ついでにメキシコの伝統菓子ブニュエロス。
アトレは、メキシコ版くず湯といった感じの、コーンスターチを入れてとろみをつけた甘いシナモンミルク。ブニュエロスはいわゆる南米のドーナツで、メキシコバージョンは丸く薄い形の、シナモンシュガーがかかったふんわり軽いかりんとうのようなパイのようなシンプルな揚げ菓子です。
シナモンは邪気を払う浄化作用のあるスパイスということで、織田無道的にはぜひ頻繁に取り入れたい食材のひとつ。

うちのドクロ (ガイコツ) を眺めながらほっこりとアトレを飲むひととき。ああ、このガイコツ祭りが早く終わりますように。 Continue Reading

スナック

Bulgarian Banitsa

14/06/2020

・・・ バニツァ・・・

ヨークシャーに引っ越しして、ここで一番仲良くなったブルガリア人のKちゃん。生粋のゴスです。
ヨークシャーはロンドンとは違い、この土地で生まれ育った人がほとんどを占めており地元感がすごいのでKちゃんのようなタイプは異端に分類されるんですが、おそらくその辺が私と通じ合った所以でしょう、出会ってすぐに仲良くなりました。
はじめて合った日に「あ、メイク可愛いー♡」とゴスにメイクを褒められてかなり複雑な気持ちにはなりましたが、ゴスのくせにとってもポジティブでよく笑う可愛いKちゃんは、ロンドンの友達と離れて淋しかった私の心をとても癒してくれました。 Continue Reading

スナック パン

Thyme & Garlic Grissini

31/05/2020

・・・ タイムとガーリックのグリッシーニ・・・

念願の強力粉が手に入ったのですが、前回、ピザの神様に見捨てられてまんまと東欧の薄力粉を掴まされ、熱望のもちもちピザから謎のチェコのケーキに変更せざるを得なかった私は、強力粉を入手したからといってそう簡単に喜色満面でピザを作るような安い女ではありません。たやすくピザ生地を捏ねると思ったら大間違いです。

. . . いやぁでも、ピザ生地じゃなければ捏ねますけどね。捏ねたいですからね。ええ、めちゃめちゃ捏ねくり回したいですからね。 Continue Reading

スナック

Hash Browns with Caramelised Onion & Feta

05/05/2020

・・・ ハッシュブラウン・・・

いたるところで新型コロナの感染が拡大し不安な日々が続きますが、みなさま無事で元気にお過ごしでしょうか。
たった数ヶ月で世界がこんなに変わってしまうなんて。

イギリスも全土ロックダウンになってから、かれこれ1ヶ月半が経ちました。いやー、もうひたすら家にいます。
行動の厳しい制限や先が見えない状況はたしかにストレスですが、一周回って、最近は『自由在不自由(自由は不自由の中にあり)by 福沢諭吉』と思ったりもするようになってきました。さすが、一万円札の言うことは奥が深いですね。 Continue Reading

スナック パン

Yorkshire Puddings

01/12/2019

・・・ ヨークシャー・プディング・・・

少し前にイギリス北部のヨークシャー地方に引っ越してみました。
イギリスで暮らしはじめてからずっと、かれこれ20年以上ロンドンに住んでいたし、そこでの生活が気に入っていたので、他の場所に住むなんて考えたことすらなかったのですが、昨年色々なことがあって日本の家族が不安定な状況が続いており、そうなるともしも何かあったときに、ロンドンで猫と一緒に一人暮らしをしている私は四面楚歌。 ”猫と荷物どうするんだ問題” で立ち行かなくなるので、ヨークシャーの彼氏の家にとりあえずお引越しした次第です。悠遊自的おひとり様生活、まさかの終焉。 Continue Reading

スナック パン

Chilli Hot Dogs

28/03/2018

・・・ チリホットドッグ・・・

先日、ウェス・アンダーソン監督の新作『 Isle of Dogs  (邦題:犬ヶ島) 』の試写会に行ってきたのですが、この映画すごくよかったです。
監督の独特の色彩感覚や世界観、シュールなユーモアが散りばめられたプロットは、もちろん安定の素晴らしさなのですが、今回はなんといっても全編ストップモーションアニメーションで作られたそのビジュアルのすごさに頭がクラクラしました。 Continue Reading

スナック パン

Cheese Scones

28/02/2018

・・・ チーズスコーン・・・

先日、友人とスコーンの話題になり、
「でもさぁ、スコーンってほぼ小麦粉こねただけの食べ物ののくせにアフタヌーンティーに欠かせないエレガント系アイテムみたいになってるけどあれってどうなの?つーか、ボソボソしていて喉に詰まるから紅茶がすすんでいいかもね w」とスコーンを軽くディスったところ、イギリス人の友達に、
「オマエの国の祝い事のときの食べ物、米潰してこねただけのやつだけど(←お餅のことらしい)あれってどうなの?つーか、実際に喉に詰まって毎年死人でてるよね」と言われました。

正論だと思いました。 Continue Reading

スナック 野菜

Jacket Potatoes

02/01/2018

・・・ ジャケット・ポテト・・・

日本のお料理ブロガー/インスタグラマーさんたちが華麗なるお正月料理をアップされている中、新年早々ただのじゃがいもの丸焼きですみません。謹賀新年。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おせちにお雑煮、初詣。日本で “お正月” と言えば、情緒も美味しい食べ物もてんこ盛りのまさに行事界のキングですが、こちらでは元日はクリスマスの一部というか、ここ数週間続いた乱痴気騒ぎの閉会式フィナーレ的な感じで、大晦日のカウントダウンパーティー → 二日酔い → 我に返る、という段階を経て、1月2日からはごく普通の日常の日々に戻ります。 Continue Reading

スナック パン

Fig, Cream Cheese & Honey Toast

20/09/2017

・・・ いちじくとクリームチーズのはちみつトースト・・・

いちじくの季節がやってまいりました。紫色の皮に包まれて密かに咲く隠頭花序。その神秘的なビジュアルに魅せられてついつい買ってしまいます。さすが禁断の果実。

今日のランチは、いちじくとクリームチーズのはちみつトースト。禁断の果実と甘い誘惑はちみつハニー♡の魅惑のコラボです。黒胡椒でピリッとアクセントを追加。

ハニーといえば、その昔、私のことを「ハニー」と呼ぶ男と付き合っていたことがあります。 Continue Reading

スナック 野菜

Fried Aubergine with Honey

14/09/2017

・・・ なすフリッターのはちみつがけ・・・

お盆の時期のなす。割り箸を刺されて、ご先祖様があの世に帰るときに乗る牛になったりしてますよね。”キュウリの馬であの世から早く帰ってきて、なすの牛でゆっくりお帰りください” という、ご先祖様への敬いと気遣いのお供えもの。こういう日本の習わしって本当に素晴らしいなって思います。

今年のお盆は約4年ぶりに日本に帰省しました。ここ10年で2回しか祖国に帰っていないという非国民っぷりだったので、 Continue Reading

スナック

Pear & Blue Cheese Pizza

06/06/2017

・・・ 洋梨とブルーチーズのピザ・・・

フルーツを使った料理なんて、子供の頃は大嫌いでした。
酢豚のパイナップルやポテトサラダのリンゴなどは全く理解不能の不気味な代物でしたし、パイナップルがトッピングされたハンバーグは罰ゲームのための料理、生ハムメロンに至っては高級食材2つを使いあえて不味いものをこしらえて弄ぶ、ルイ王朝あたりが開発した貴族の遊びか何かかと思っていました。
Continue Reading

サラダ スナック パン

Panzanella

20/04/2017

・・・ パンサラダボウル・・・

残り物のパンで作ったパンサラダボウル。固くなったパンを利用してサッと作れるイタリアの ”パンザネーラ” というお料理です。
そういえば、『冷蔵庫にある残り物でサッと料理の作れる女』って、昔から変わらずイイ女枠にエントリーしていますよね。たしかに、そういうアドリブのきく人って生存能力が高そうで男女問わず素敵です。生物的にリスペクトできます。 Continue Reading

スナック パン

Almond Croissants

13/04/2017

・・・ アーモンド・クロワッサン・・・

うっかり日がたって少しかたくなったクロワッサンに、アーモンドバタークリームを挟んでのせて焼いたアーモンド・クロワッサン。高カロリー万歳。

クロワッサンといえばフランス語で三日月を意味しますが、ここ最近の私、ありえない高頻度で月についての話を強制的に聞かされています。別に職場がNASAに変わった訳ではありません。私の親友の1人でヌードルクラブ(こちら参照)のメンバーのパンク隊長Kが、 Continue Reading

スナック パン

Roasted Grapes with Camembert

23/01/2017

・・・焼きぶどうとカマンベールチーズのブルスケッタ・・・

近所のパン屋さんでぶどうとカマンベールチーズのベーグルサンドを食べて以来、ぶどうとチーズの組み合わせにハマっていたんですが、先日、ぶどうは焼くと甘みとコクが増すということを発見し、このコンビネーションをさらにパワーアップさせた進化系スナックがこちら『焼きぶどうとカマンベールチーズのブルスケッタ』。 Continue Reading

スナック 副菜 野菜

Sicilian Caponata

30/12/2016

・・・ 茄子のカポナータ・・・

もうすぐ年明けということで、今回こそは『一富士二鷹三茄子』のうちのどれかをぜひ初夢で見てみたいと意気込んでいます。ですがこのうちの『富士』と『鷹』は普段全く関わりがないためどうしても夢にでてくる気がしないので、『茄子』に狙いを定めています。単勝馬券です。茄子の夢の縁起が良いとされている由来が ”事を成す(茄子)” というどうしようもないダジャレだろうが、 Continue Reading

スナック

Lotus Root Chips with Rosemary

22/12/2016

・・・ ローズマリー風味のれんこんチップス・・・

クリスマスですね。イギリスではクリスマスは家族と過ごすのが習わしで、イヴの夜からクリスマスにかけては電車やバスなどの交通機関も全面ストップ、お店も閉まり街は静まりかえっているので、私のような単身移民にとっては、”孤独感MAXなうえにほぼ軟禁状態” という拷問のような日です。

毎年、秋になったぐらいから周囲はクリスマスクリスマス言っているんですが、 Continue Reading

スイーツ スナック

Pannukakku

12/12/2016

・・・ パンヌカック(フィンランドのパンケーキ)・・・

ここ数日間、仕事の締め切りに追われいていて辛い、という現実から逃避するために、特に意味もなく『世界のパンケーキ』をネットで調べていて見つけたフィンランドのパンケーキ ”パンヌカック”。オーブンで焼いて作る四角いパンケーキです。いやー、世界には色々な種類のパンケーキがあるんですね。もちもちの四角いパンケーキに、 Continue Reading

サラダ スナック

Falafel with Tahini Yogurt Dip

18/11/2016

・・・ ファラフェルとタヒニヨーグルトディップソース ・・・

以前、化け猫感あふれるうちのデカい猫、ミカのことをこのブログに書きましたが(こちらをご参照)、このあいだその猫が4階ぐらいの高さの窓から落ちてしまいました。こういうまさかの出来事があるといけないので、自分が部屋にいるときにも窓は少ししか開けないようにしていたのですが、 Continue Reading

スナック パン

Avocado & Poached Egg on Toast

04/10/2016

・・・ アボカドとポーチドエッグのトースト ・・・

トーストの上にスライスしたアボカドを半熟卵を乗せただけの、簡単だけれど美味しくて栄養バランスの良い朝食向けの1品。
. . . と、たびたび朝食レシピをのせておいて矛盾してるのは重々承知ですが、実は私、 Continue Reading