スイーツ

Earl Gray Shortbread

10/12/2017

・・・ 紅茶のショートブレッド・・・

紅茶のことを「お紅茶」と言う人とは大抵の確率で気が合わないワタナベです。どうもこんにちは。

今日のおやつはアールグレイの茶葉を練りこんだ紅茶のショートブレッド。アールグレイの香り高いサクサクのバタークッキーです。生地に入れる紅茶の茶葉のフレーバーはお好みでどうぞ。

本日のロンドン、めずらしく雪が降っているのですが、ほんの少し雪が積もっただけなのに電車などの交通機関がまともに動かないこの状況、道産子の私にはなまら信じられません。おかげで余計な距離を歩いて帰宅しなくてはいけなくなりました。アイスバーン状態になった道を恐る恐る歩く生まれたてのバンビのような金髪たちを横目に、高さ10cmのピンヒールで闊歩。自転車の乗り方を一度覚えたら忘れないのと同じで、雪道のピンヒール歩行も一度覚えるとその後の人生でずっとできるようになります。むしろ、ピンヒール部分はほぼピッケル(雪山の登山で使うつるはしのような道具)として扱う技術が身についているので安定の二足歩行が可能です。

てゆーか、そもそもこんな雪の日になぜヒール?バカなの?と思っているそこの貴方、ヒールの威力を見くびらない方がいです。フランスの南ブルターニュ大学の研究結果によると、女性のヒールの高さは男性の行動に強力な影響力を発揮するらしく、ヒールが高ければ高いほど男性は女性に優しくなって手助けしてくれる確率が高くなるらしいです。まあ、私の場合はもともと背がでかいのでヒールを履くと威圧感倍増で逆に全く優しくされませんけどね。特に今日のような雪の日には、手助けしてもらうどころか、あの生まれたての金髪バンビたちをソリに乗せて自宅まで送り届けてあげようか?的な、優しいジャイアント馬場みたいな立ち位置になりますけどね。

寒い外から自宅に帰り、ヒーターの前でお茶とクッキー。あー幸せ。アッポー。


————————————

— 紅茶のショートブレッド(約24枚分)—

小麦粉 300g

アールグレイの茶葉(すり鉢で細かくしたもの)大さじ1

バター(室温に戻したもの)240g

砂糖 120g

————————————

ボールに小麦粉とアールグレイの茶葉を入れ、均一になるように混ぜ合わせる。

別のボールにバターと砂糖を入れて泡立て器で白っぽいクリーム状になるまで混ぜ合わせる。

茶葉入りの小麦粉を2回に分けてバターのボールに加えてすり混ぜる。生地をまとめて直径約5cmの筒状にし、ラップを巻いて冷蔵庫で30分以上寝かせる。

オーブンを170度に熱する。

生地を厚さ8mmぐらいにスライスし、クッキングペーパーを敷いたオーブントレイに並べて20分~25分ぐらい焼いて出来上がり。