スイーツ

Ginger Cake with Poached Pears and Salted Caramel Sauce

05/02/2017

・・・ 塩キャラメルソースのジンジャーケーキと洋梨のコンポート・・・

最近、ケーキなどのスイーツ系をよく作るようになりました。私はそれほど甘党ではないので、通常はスイーツよりもエイヒレやイカの塩辛などのほうに興奮するのですが、スイーツ作りはやはりいいです。なんといってもビジュアルがラブリー。

以前書いたとおり、私は10代のころよりパンクGジャンの呪いにかかっているので(呪いについてはこちら 参照)、どちらかというと “夜露死苦 oi! oi! 仏恥義理” 的な人生を送ってきたのですが、心の奥底ではいつだってスイートでガーリーなものに深い憧れを抱いておりました。
幼少時に牛乳を飲みまくったせいで身長も思いがけなく170cmに達してしまいましたが、本当は小さくて華奢で儚げで朝礼のときに貧血で倒れるような、そんな可憐な女の子になりたいとずっと思っておりました(どうしてもなりたかったので、朝礼中に演技で倒れてみたことがありますが、「邪魔くせえ 」と言われました。人は小さくて繊細なものが倒れると手を差し伸べようと思いますが、デカイものが倒れると ”面倒だ” と思うようです。みなさん気をつけましょう)。

小さくて可愛くて、真っ白でフワフワなワンピースを着てデイジーの入った花瓶の横で編み物をするような女の子に心の底から憧れながら、あの呪いのせいで、デカくてケバくて、革ジャンを着てドクロの灰皿の横でアナーキーTシャツを作らざるをえなかった私の気持ちにもなってみてください。このひっそりと秘かにやっている個人用のブログで、過去に満たされなかった自分の願望欲求を昇華させようと、フワフワの生クリームや甘~いキャラメルソースに囲まれながら女子度の高いスイーツをニタニタしながら作ったことろで、その行為を誰に責めることができましょう。

ということで、本日の願望欲求昇華ケーキ。
甘さ控えめの黒蜜入りジンジャーケーキに洋梨のコンポートを乗せて塩キャラメルソースをかけた、ホールケーキの時点ではいい感じだけれど、カットしたときにはグチャグチャになりそうなケーキ。ジンジャーと洋梨と塩キャラメルの味の組み合わせがお気に入りです。

——————————

— 塩キャラメルソースのジンジャーケーキと洋梨のコンポート(18cmのケーキ型1台分)—

バター 140g

グラニュー糖 180g

黒蜜 大さじ2

卵 2個

小麦粉 250g

ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

ベーキングソーダ 小さじ1と1/2

ジンジャーパウダー 小さじ2

シナモンパウダー 小さじ1/2

牛乳 大さじ4

生クリーム 適量

*****

— 洋梨のコンポートの材料 —

洋梨(小さめのもの)4個

グラニュー糖 180g

水 400ml

白ワイン 200ml

レモン汁とレモンの皮 1/2個分

バニラビーンズ 1/2本分(もしくはバニラエッセンス数滴)

*****

— 塩キャラメルソースの材料 —

グラニュー糖 130g

水 50cc

生クリーム 100ml

バター 50g

塩(できればシーソルト)小さじ1/3

——————————

オーブンは180度に熱しておく。

直径15cmの深型ケーキ型の内側に薄くバターを塗っておく(材料外)。

室温に戻したバターとグラニュー糖をボールに入れ、バターが白っぽくなるまで泡立器でよく混ぜる。黒蜜を加えて混ぜ合わせる。

卵を溶きほぐし、少しずつボールに加えて分離しないようにその都度良く混ぜる。

別のボールに小麦粉とベーキングパウダー、ベーキングソーダ、ジンジャーパウダー、シナモンパウダーをあわせてふるっておく。

バターのボールに粉類を半量入れて混ぜる。さらに牛乳を少しずつ加えてすべてを混ぜ合わせる。残りの粉類をボールに加え、全体をさっくりと混ぜる。

生地をケーキ型に流し入れ、表面を平らにする。オーブンで約45~50分焼き、中まできちんと焼き上がっていたら(中央に串をさして生地がついてこないかチェックしてください)型から出し、網の上でよく冷ます。

生クリームをホイップし(キャラメルソースをかけるので砂糖はいりません)、洋梨のコンポート1個分を刻んで混ぜ合わせる。

ケーキを半分にスライスし、生クリームを挟んでもう一枚のスライスを重ね、生クリームをトッピングした上に洋梨のコンポートを乗せる。

上から塩キャラメソースをまわしかけて出来上がり。

*****

— 洋梨のコンポートの作り方 —

洋梨は洗って皮を剥く。

鍋にグラニュー糖、水、白ワイン、レモンの汁と薄くスライスしたレモンの皮、バニラビーンズを加えて強火にかける。

沸騰したら洋梨を入れて弱火で約20分似る(竹串をさして中まで柔らかく煮えているかチェックしてください)。

火からおろしそのまま粗熱が取れるまで冷まし、コンポート液と一緒に容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

*****

— 塩キャラメルソースの作り方 —

生クリームは小鍋で温めておく。

別の鍋にグラニュー糖と水を入れて強火にかける。飴状になってきたら弱火にして、濃いめのキツネになるまで煮る。

火を止めて、温めてあった生クリームを加えて混ぜ合わせる。

バターと塩を加え、バターが完全に溶けるまでよく混ぜる。なめらかなソースになったら出来上がり。