野菜

Aubergine Curry with Tomato & Coconut Milk

10/10/2015

・・・茄子のトマトココナッツミルクカレー・・・

カレーってすごいですよね。人種にかかわらず大抵の人が好きなメニュー。
インド系の移民が多いイギリスにはカレー屋さんがやたら多く、すでに ”ほぼ国民食” のポジションをキープしています。
クセの強いスパイス達が組み合わさって織りなす深い味わいのハーモニー。刺激的なのに万人に愛されるそのマジカルな魅力。嗚呼、私はカレーのような人になりたい。
とはいえ、もし「キミってカレーみたいな人だね」と誰かに言われたら、「はぁぁ?『安い女』呼ばわりかよ。アンタのその目にカルダモン突っ込んでターメリックを全身に振りかけて真っ黄色にしてやろうか?!」と思いますけどね。

そして、カレーといえばやはりインド。
あれは以前、イギリスで正式に働くための労働許可証を申請をしていたときのことです。申請中はイギリス国内にいてはいけないので、一旦日本に戻って審査待ちをしておりました。しかし、いつまでたっても審査中。待てど暮らせど審査中。このじらし具合、さすがイギリス政府。小悪魔ちゃん度ハンパないです。
実家の冷蔵庫を漁ることにも飽き、今後の人生の計画も立てられずに待ちくたびれた私は、インドを旅することにしました。”自分探し” といえばインド。よくあるパターンです。ま、実際は友達と一緒にキャッキャ言いながらの旅だったので、自分探しどころか、より一層自分を見失いましたが。

「本場のカレー食べたーい」とか「壷から出てくるコブラ見たーい」などと言いながら、タイ発のエアーインディアに搭乗した私と友達。私たち以外の乗客はほぼインド人でターバン率も高く、テンションが上がった私たちはボリウッド系の鼻歌を歌いながら快適な空の旅を楽しんでおりました。するとその時、機体が大きく揺れて上下にバウンスしはじめました。その揺れ方が尋常ではなく、怯えながら窓の外を見ると飛行機の羽から火が噴いておりました . . . 。隣の席の友達は泣きながら祈り始め、私は人生で初めて『死』を意識した脳が ”恐怖をなだめよう” と働きかけたのでしょう、何故か笑っておりました。
その状況がしばらく続いたあと、幸運なことに羽から噴いていた火も無事に消え事なきを得たのですが、「あんな事態のときに笑ってるなんて、ばっっっっっかじゃねーーの!?これから一緒に旅するの不安だわ!」と友達に散々責められ、インド到着前から険悪な雰囲気になった私たち。ですが、ふと気が付いたのです「あの状況で、周りのインド人誰もびっくりしてなかったんじゃね?」と。『インド人、びっくりしない』とは、昔からまことしやかに囁かれていますが、あれ本当です。

その後のインドの旅、ハプニングも色々ありましたが面白かったです。またいつか行きたいです(エアーインディアじゃない飛行機で)。

ところで、今日のメニューの ”茄子のトマトココナッツミルクカレー” は、短時間で簡単に作れるのでおすすめの、ココナッツミルクをナンプラーとカレー粉で味付けしたタイ風味のカレーです。
上記、散々インドの話だったくせに、ここにきて ”タイ風” カレーだと?!とびっくりしてしまったそこの貴方、インド人を見習って下さい。

インド人、びっくりしない。

ナマステ。

Aubergine-curry-with-tomato-&-coconut-milk-2————————————

— 茄子のトマトココナッツミルクカレー(4人分)—

茄子 700g

玉ねぎ 1個

トマト 3個

にんにく 4片

生姜 10g

赤唐辛子 1~2本(好みで調節して下さい)

サラダ油 大さじ4

カレー粉 大さじ2

水 100ml

ココナッツミルク(400ml)1缶

ナンプラー 大さじ2と1/2

醤油 大さじ1/2

パクチー 少々

プレーンヨーグルト(オプション)適量

温かいご飯 適量

————————————

茄子はへたを落として大きめの乱切りにし、玉ねぎはみじん切り、トマトは小さめの角切りにする。にんにくはすりおろし、生姜は薄切りにしてから縦に細く切り、赤唐辛子はみじん切りにする。

フライパンにサラダ油大さじ3を熱して茄子を中火で炒め、しんなりして表面がうっすらキツネ色になったらお皿に取り出す。

鍋にサラダ油大さじ1を熱し、玉ねぎをいれてしんなりするまで中火で炒める。にんにく、生姜、赤唐辛子を加えて5分ほど炒め、カレー粉、トマトを加えてさらに5分ほど炒める。鍋に水100mlと茄子を加えて炒め合わせ、ココナッツミルク、ナンプラー、醤油を加えて弱火で20分ほど煮込む。

お皿に盛りつけ、刻んだパクチーをふりかけ、好みでヨーグルトを添えて(なくてもいいです)、出来上がり。

11 Comments

  • Reply kao-chan 12/10/2015 at 03:11

    すごいっ!misaさんはどんな国の料理でも作れてしまうのですね。
    エアーインディアは私も大変な思いをしました。トラブルで空港に閉じ込められること8時間。なんの説明もなく、コーヒー一杯で我慢をさせられたという…。その間に隣に座っていた絨毯売りのオッサンに口説かれ、口汚い英語で罵ってロビーがシーンとしていましたっけ。
    あのひどい出来事も国民性という一言で片付けられてしまうのですか? チッ!日本人もそんな便利な国民性を持たなくてはいけませんね。狡猾に国民性を利用して(例えば、ニコニコばっかりして話を理解していなかったり。笑顔なのに頭の中では碌でもないことを考えていたり)、国際社会を生き抜かなくてはいけません。
    何の話をしているのでしょう…。ココナッツカレー、大好き! 作ってみます!

    • Reply misa 14/10/2015 at 02:12

      コーヒー1杯で8時間空港に軟禁&絨毯売りのオッサン . . . 。げ。
      いやー、kao-chanの気持ちわかります。私もインド旅行中ずーっとそんな感じで、もう少しで悟りがひらけそうでした。たくさんの信じられない理不尽な出来事に遭遇しつづけ、ある一線を越えた瞬間に心の中が桃源郷みたいになった記憶があります(←別の名を ”あきらめ”)。
      ほんと、国際社会を生き抜くためには色々と身につけなくちゃいけないものがありますよねー。

  • Reply エルザ 12/10/2015 at 03:27

    カレー大好きです。
    すっごくおいしそう♪
    レシピもわかりやすいので今度作ってみますね。
    イギリスに住むと決めたきっかけを教えて下さい。

    • Reply misa 14/10/2015 at 02:12

      うーん、とくにきっかけは無かったのですが、ある日突然「イギリスに住もう、っと」とひらめきました(すみません、こんな理由で . . . )。自分でも何故なのか解らないんですけどね。でも、突然思いついたことってけっこう大切なことだっりしますよね :)

  • Reply きんぎょ 15/10/2015 at 02:23

    あーーーーびっくりしたなますてー

    びっくりしすぎて 2枚目の大鍋の中に落っこちそうになっちゃっなますてー

    あ。 ナマステって言えば うちのトイレにあるカレンダーに
    息子が ナマステ当番って書いて○してあるの。

    はい。生ごみを捨てる日 きたー。

    インド人もびっくりな タイフーンカレー 食べたひ。

    なんでこー技術が進んでるっていうのに
    パソコンに試食ボタンつかないのかしらねーっ。

    ついたら きっと インド人もビックリ!?

    ナマステラブ♪

    • Reply misa 19/10/2015 at 22:07

      ナマステ当番・笑。
      きんぎょさんがなますてなますて言うので、なますてが口癖になりそうなますてー。
      パソコンに試食ボタン案、大賛成。私が大金持ちだったらその開発に投資したいです。そして金魚さんとバーチャル飲み会やるんだ。金魚の肴でつまみを大量にクリックオーダー。
      どうか夢が叶いますように。なますてなますてー。

  • Reply エルザ 19/10/2015 at 14:45

    かっこいい!!!

  • Reply Momoko 18/11/2015 at 01:04

    はじめまして!いつもブログ楽しみに拝見させて頂いてます。
    私も単身で海外(NY)に住んでいるためミサさんと勝手に親近感を感じています、、照
    素敵な写真に垣間見れる濃いパンク魂。最高です。
    この間ミサさんのレシピでウォッカのトマト海老パスタ作ったのですがほっぺたがとろーんととろけるほど美味しかったです♡!

    • Reply misa 20/11/2015 at 11:51

      Momokoさん、はじめまして!コメントありがとうございます。おぉー、NY!これまたパンクな土地ですね・笑。NYはまだ訪れたことがないのですが、友達に ”NY、好きだと思うよー”ってよくおすすめされるので、近々絶対行こうと思っている場所です :D
      レシピも試してくださってありがとうございます!料理ブログのくせに怪しい話ばかりのこんなブログですが、これからもどうぞ宜しくお願いします♡

  • Reply Mog 24/11/2015 at 03:35

    ナマステー。ってかその飛行機の中で笑ってたなんて。
    恐怖を通り越すと人ってどうなるかわからんのね・・・
    ご無事でよかったよ。
    ちょうど最近、友人のカメラマンとインドに行ってみたい。
    占いしてもらいたいと言ってたの。そう自分探し!!

    そして、でたのがココナッツカレーだなんて
    タイ風だなんて。
    文章テクもさることながら
    落としどころが非凡。
    そういうとこ好きー

    • Reply misa 25/11/2015 at 05:44

      そうそうあの経験で、”死を覚悟すると笑うタイプ” ということが判明。人生の終わりを満面の笑みで迎えられるなんて考えようによっては幸せよねー。
      Mogちんはもう素敵なキャラを確立しているから、インドで自分探しの旅なんて必要ないない!
      インドの占いといえば、アガスティアの葉?でしたっけ、その人の人生がすべて書いてある葉っぱ。きゃー恐ろしー。自分の人生知りたくないー。きっと今後もろくでもねー。ナマステー。

    Leave a Reply