スープ

Spinach Soup

04/04/2015

・・・ほうれん草のポタージュスープ・・・

こちらイギリス只今イースター中です。私には全く関係ありませんけどね。
イースターで嬉しいことといえば、卵型とうさぎ型の売れ残ったチョコレートがイースター明けに安売りされることぐらいです。まぁ普通のチョコレートで全然いい、ってゆーか普通のチョコレートのほうが美味しかったりするんですが、やはり形が可愛いと若干テンション上がりますよね。

って、こんな愛想の無いことを言っている私ですが、実は子供の頃1年間ぐらいキリスト教徒でした。
実家は、”神棚も仏壇もあるよ” というごくごく普通の家で、私は近所の仏教系の幼稚園に通っており、毎朝幼稚園では手をあわせて『のの様(仏様)の歌』をみんなで歌っていました。
ですが、そんなある日ワタナベ家に自転車に乗ったアメリカ人2人がやってきます。
「コンニチハ、ワタナベ兄弟!」

実家は北海道の田舎にあり、その頃は近所で外国人なんて1人も見たことがありませんでした。なので、そんなイカしたパツキン2人組に ”ワタナベ兄弟、ナイス トゥー ミー トゥー” と言われ、聖書の1節を読まれ、手作りの外国っぽいクルミケーキをもらい . . . うちの両親が改宗するのには10分もかかりませんでした。

アメリカ人2人組は毎週うちにやってきては、キリスト教の紙芝居を見せてくれたり、外国のお菓子を作ってくれたり、聖書を読んでくれたり、アメリカンジョークをぶちかましてくれたりして、楽しくてとてもいい人達でした。
そして、レアな外国人とすっかり友達になって有頂天になったうちの父は、職業が建築設計士なのにもかかわらず、突然何を思ったか「俺が本物の寿司の握りかたを教えてやる!ディス イズ ジャパニーズ ソウル フード!」と、板長気取りでその2人組に3週に渡り寿司レッスンを行ったところ、すっかり寿司作りにハマった2人は「アメリカに帰って寿司屋をオープンします。アリガトウ、ワタナベ兄弟!」と言って祖国に帰ってしまいました。
設計士の父が教えた謎な寿司の作り方でその後彼らのお店がいったいどうなったのかは知りませんが、外国人の友達がいなくなってしまったので、実家は以前のように仏壇にお供えものをするようになりました。

そんなキリスト教関連の昔の思い出も思い出しながらイースターにお送りする本日のレシピ。ほうれん草のポタージュスープ。
またしても上記の話とは全く関係ありませんが、ここまできたら別にもういいや、と思っています。宗教も自由、寿司の作り方も自由、ブログの内容も自由。そう、自由民主主義ですね(いえ、違います)。
簡単でほうれん草の栄養もたくさん摂れるクリーミーなポタージュスープ。ビタミン不足かな?と思ったときに良く作るお気に入りのスープです。

Spinach-Soup-2——————————

— ほうれん草のポタージュスープ(3〜4人分)—

ほうれん草 400g

玉ねぎ 1/2個

バター 大さじ1

水 500ml

コンソメの素 1個

ローリエ 1枚

生クリーム 200ml + 最後に入れるように少々

ナツメグ ひとつまみ

塩こしょう 少々

——————————

ほうれん草は、たっぷりのお湯でサッと茹る。水気を切ってざく切りにする。

たまねぎはみじん切りにする。フライパンにバターを熱し、玉ねぎを加えてしんなりするまで弱火でよく炒める。水、コンソメ、ローリエを加えて5分ほど煮込む。火からおろして粗熱をとる。

フライパンのスープとほうれん草をミキサーにかけて滑らかにする。

ミキサーの中身をフライパンに戻して火にかけ、生クリーム200mlとナツメグを加えて塩こしょうで味を調える。

お皿に注ぎ、上から残りの生クリームを少しかけて出来上がり。

2 Comments

  • Reply きんぎょ 06/04/2015 at 02:33

    きゃあーーあん だいすき だいすき!
    鉄がほしいのぉ~~~。 写真ごとたべたーい。 むしゃむしゃむしゃ

    って なによおう こんなに 飲みたいって欲しているのに
    2枚目の写真。 もー 飲んじゃってるぢゃーん!
    あと 一口しか残ってらんやんけー! 
    怒りそうになっちゃったわよう どーしてくれよーか(どーもしません)

    せめてお皿ぬぐい取り隊に 入隊希望。ひれふし姿勢でー。

    わ!私も三年間だけキリスト教者でしたのー やったー二年勝ったーっ♪
    我が家も漏れずに
    仏壇にイエス様の木彫りが一緒に飾られ、毎朝 チーン なむみょーとご先祖さまに唱えたあとに
    天に召します我らの神よ、、、、、と唱えてから幼稚園に。

    で、卒園したと同時に 日本人。

    ねー  あれって おかしくねー!?って
    今でも、母に食いついてみるものの いきつけのスーパーから一番近かったら
    送迎に便利だったのよ。 と きっぱり。

    そんなキリスト幼稚園での想い出は、お弁当の時に前に座っている
    みわちゃんが いつも 大口開けてしゃべりながら弁当を食べるので
    口の中身が見えて 気持ち悪く、 食欲意欲をいつも無くされてたコト。

    あぁ~。
    やっぱり ミサしゃんの 魔法のポタージュで お口直ししたいです♪
    飲めるなら うさぎにでも やぎにでもなってもいー。

    • Reply misa 09/04/2015 at 00:26

      あ、金魚さん家も宗教が自由な感じで・笑。
      ほんとあれって大人になって考えたら、とんだ罰当たり . . . って思いますよね。ま、でもどの神様も神様になるぐらいのいい人(神)なんだから、こんなことも許してくださるに違いない。

      金魚さんの幼稚園の思い出が酷すぎる件・笑。私の仏教系の幼稚園での思い出は、4月8日の花祭り(お釈迦様の誕生日)に出てくる甘茶が美味しすぎて、”年に1回じゃなくてもっと飲ませろやクソ坊主” と心の中で悪態ついていたことぐらいですかね . . . 。子供って実はそんなに純粋無垢じゃないですよね。。

    Leave a Reply to きんぎょ Cancel Reply