麺・パスタ

Lemon Cream Pasta

06/02/2015

・・・レモンクリームのパスタ・・・

檸檬(レモン)という漢字を見ると、なぜか髑髏(ドクロ)を連想してしまう、ダークな世界の住人ワタナベです。こんにちは。
この2つ、特に文字の姿形が似ているわけでもなく、共通項はただ ”画数が多くて面倒くさい” という点なだけなんですけどね。

面倒くさい漢字といえば私の苗字『渡辺』の ”辺” 。『邊』や『邉』などのどうでもいい微妙すぎる異字体がざっと60種類以上。「いやー、私の ”ナベ” は、こっちの “邉” なんだよね」とか言ってくる渡辺に、「ありきたりすぎる苗字だからって ”ナベ” で個性だそうとしてんじゃねーよ。オマエの ”ナベ”、”鍋” って書いてやろーか?」と思った人も少なくないでしょう。私も、”斉” を主張してくる斉藤にイラッとした経験の持ち主ですので、その気持ち痛いほどわかります。ですが、渡辺は、たまたま渡辺姓に生まれてきてしまったがために背負う苦悩があるということも忘れないでいただきたい。

まず ”渡辺” は、”わ” から始まってしまうという、古来からの伝統『あいうえお順』ではほぼ常に最後尾に位置する苗字です。
学校のテスト時には、答案用紙が最後に配られるという不利な状況に置かれる上に、終了時間になると「はい、じゃぁ後ろの人集めてー」と当然のようにパシらされます。
通知表などを受け取るのも最後。みんながキャッキャッ言いながら「どうだった~」とか言い合っている最中も無言で我慢。渡辺がやっと受け取る頃には、阿部なんかはすでにすっかり飽きていて「新しいゲーム買ったんだけどうち来る~?」とか言っていたりするので、感情を共有する機会を逸脱。
卒業証書の授与式も、渡辺ぐらいにもなると拍手が相当まばらになります。

そして、最後尾というハンデキャップに加えた “平々凡々ありきたり” という二重苦。
「渡辺さーん!」と呼ばれても自分じゃないことが多いので、すぐに振り返ることすらままなりません。
学校や会社内にはたいてい渡辺が数人いるので、自己主張の少ない奥ゆかしいタイプだと『渡辺B』などと、まるでヴィトンのパチモンのようなあだ名がついたりもします。もしくは『メガネのほうの渡辺』や『ハゲのほうの渡辺』など、身体的特徴で描写されることも多く、私は『デカいほうの渡辺』と呼ばれていたため、言霊の影響により成長期を過ぎても身長は伸び続け、ついでに態度までどんどんデカくなっていきました。

このような暮らしを強いられてきた渡辺たちの心の拠り所、唯一自分を思う存分表現できる場所、それが渡辺の ”辺” なのです。多少のウザさには目を瞑ってあげましょう。
あ、ちなみに私の渡辺のナベはこちらの『邊』です♡

そうそう、本日の料理はレモンクリームのパスタ。
シンプルな食材で作る爽やかなレモン風味のパスタは明らかに夏向きですが、冬に作って何が悪い、と。

Lemon-Cream-Pasta-2——————————

— レモンクリームのパスタ(2人分)—

スパゲティ 180g

バター 大さじ1

レモンの皮(すりおろしたもの)1個分

オリーブオイル 大さじ1

にんにく 1片

レモン汁 大さじ3

生クリーム 大さじ4

パルメザンチーズ 60g、と上からふりかける用に少々

塩 少々

黒こしょう 少々

イタリアンパセリ(刻んだもの)適量

——————————

フライパンにバターを溶かし、すりおろしたレモンの皮を加えて弱火で炒める。皿に取り出しておく。

パスタは少々塩を加えた熱湯でアルデンテに茹でる。

フライパンにオリーブオイルを熱し、つぶしたにんにくを入れて香りがつくまで弱火で炒める。レモン汁と生クリーム、バターで炒めたレモンの皮を加えてさっと炒めたら火からおろして塩と黒こしょうで味を調える。

茹でたパスタとパルメザンチーズをフライパンに加えて和える。

お皿にパスタを盛りつけ、刻んだイタリアンパセリとパルメザンチーズ少々をふりかけて出来上がり。

10 Comments

  • Reply Mog 06/02/2015 at 04:13

    ミサしゃんは、ワタナベさんな上に長身だからづっと後ろだったのね。
    なるほど。ワタナベって確かに大変だわ。
    私の友達のいらっとタイプのメガネワタナベに、
    もうちょっと優しくしてあげようと思います。

    ってか。レモンクリームパスタの文章が短ーっ! 笑
    そうそう。思ったんだけどね、
    これ、レモンのタイミングとかちゃーんと計算されててすごいなあ。
    だって、ちょっとでも手順間違えると
    生クリームと分離しちゃうもんね。

    そんでバターでレモンの皮炒めるとか
    ほんと思いつかんもん。

    ミサしゃん、すごいわー。

    • Reply misa 09/02/2015 at 00:12

      Mogしゃんの言う通り、渡辺&長身のコンビネーションで常に後ろを確保よー。なので、小さくてキュートな安達さんとかにとても憧れてました。Mogしゃんの友達のメガネのワタナベにも優しくしてあげてね。目が悪いのに後ろの席だったんだから。

      レモンクリームパスタの文章がほぼ無いに等しいぐらい極短なのに、レシピからパスタの味とか読みとってくださるMogしゃんのほうがすごいわー。こんな怪しい雑談メイン(になってしまった笑)ブログで、ちゃんとレシピの細かいところまで読んでくださるなんて有り難いわ。らぶ。

  • Reply kao-chan 06/02/2015 at 06:28

    そっか~。名前による苦労、それぞれなんだね~。そして、ミサさんは背が高いんだ~。
    なんだかミサさんのイメージがどんどん湧いてきましたよ。マジョミサは170cm弱の身長、と。

    ちなみに私の旧姓は門林(かどばやし)。アメリカのマークシートでは字数が多すぎていつも最後まで書けず、小さい頃は「もんりん」とか、「もんばやし」とか呼ばれていました。京都では一軒だけだったので、悪いことはできません。必ず電話がかかってきます。

    それにしても美味しそうなレモンクリームのパスタ! 夏向き? いやいや、私、今日のお昼ご飯の時にレモンミントの炭酸ジュースをふるまって、「これはやっぱり夏だろ」と言われていたばかりです。冬にアイス、夏に鍋焼きうどん。常識ですっ!

    • Reply misa 09/02/2015 at 00:12

      そうなんです、魔界系なうえにデカいんですよね。170ぐらいあるのでヒールとか履くと ”ジャイアントなほうの渡辺” に。なんてこった。
      なるほど、レアな名前にもそれなりの苦労が . . . 。悪いことをするとバレて必ず家に電話がかかってくるっていうのはキツいですね。今「渡辺でよかった」ってちょっと思いました・笑。

      そっか、季節感なんて関係なくやはり好きなものを好きなときに食べるべきなんですね。kao-chanに励まされました。これからは外の気温なんてものはぶっちぎり無視します!

  • Reply きんぎょ 09/02/2015 at 00:59

    うきゃーわきゃー あたしもー あたしもー と、
    穴が開くほどくまなくレシピを見たんだけれど どーんなーに
    カタツムリ並みの速さで読んでも 1分。 

    その間、頭の中は世界中のワタナベさんでいっぱい。 おなかは減ってる。

    いいなぁ~一番後ろー。 退屈な朝礼の校長先生の言葉の時間、前のほーの
    私たちなんてー(あ行~か行)貧血になりながら立ってたのよー。
    後ろのひとたちなんてぇ 前の人をつっついたりー。 ひざかっくんしたりー。

    それに、一番後ろの方って お肌にも優しい日陰だったのよ~~~。
    あ。だから ミサしゃん 色白べっぴん魔女になれたのかー。

    いーな いーな テストの点数悪くても、反省する時間少なくてすむしー。
    (ほら帰りの支度しなきゃーって。)
    後方から世間を見渡せるのも憧れちゃったもーん。(常に前の方で下界人)

    そうそう りゅーせー号なんて 今 青山。
    前の学校で姓が変わったとたん 出席番号1番を自慢してたんだけど

    今の新しい学校のクラス 上にはうえ。  青木 がいたのよー
    そりゃもう ハンパない挫折感で がくーんしてたわー。(勉強しろー

    あ~ん レモンクリームパスタで淡い恋を思い出し 爽やかになりたーい
    バターでレモン皮炒める  持って帰りまーーーーす♪

    あ。昔、いじめっこたちに  金子= カネゴン 呼ばわりされたのも思い出したわ!
    そうだ ミサさん!レモンパイのレシピお願いします!
    どこかで いじめっこたちに出会った時に投げつけられるように!♪

    • Reply misa 11/02/2015 at 00:21

      ”テストの点数が悪くても、反省する時間少なくてすむしー” って、金魚様・笑。
      反省する時間が極端に短かい幼少時代を過ごすと、大人になっても同じ失敗を何百回も繰り返す今のような状態になります。名付けてワタナベ現象!(←いやいや、オマエだけだし。って今思った?)

      そっか、りゅーせー君は青山なんですよね。憧れの青山。”あ” から始まる上にお洒落な響きの『青山』。うわー『青山りゅうせい』ってかっこいい。出席番号一番じゃなくても、名前がかっこいいから実質一番ってことで♡

      金子さんってカネゴン呼ばわりされますよね . . . どこの地方でもそうなんですね。”ゴン”って、思春期の女子にねーぇ . . . 『デカいほうのワタナベ』もきつかったですが。。レモンパイ、金魚さんと私用の2人分作ります!

  • Reply タヌ子 11/02/2015 at 23:49

    渡邊さん、こんにちは!
    字画数も異常に少なく、超単純な名前の私は『どういう漢字書くの?』って一度でいいから聞かれてみたかった。
    名前の方はどうにか漢字を聞いてもらえたけど、以前は日本のプリンセスと同じ字よ!って威張っていたのに、お病気になられてからはそれもはばかられる状態。
    しかし、上手くしたもので、嫁ぎ先の名前がちょっと変わってるので、フランスでもちゃんと読んでくれる人が少ないのは悲しむべきなのか、喜ぶべきなのか。
    日本のレモンの旬は冬だから、今こそ食べるべきパスタです!
    レモンスパは作ったことがあるけど、生クリームなしバージョン。
    使い切ってしまいたいレモンが沢山あるから、早速作ってみます。

    • Reply misa 13/02/2015 at 21:05

      タヌ子さんってプリンセスと同じお名前なんですね!雅で賢そうな感じの名前。私の思っているタヌ子さんにぴったりで、なんだか嬉しくなりました。
      フランスのお名前で読み方が変わってるって、ぜーーーったい私には発音できない自信120%。フランス語は普通の名前ですら、”口の中どうなってるの?” 的な発音なのに。

      日本のレモンの旬って冬でしたっけ。ではでは今が旬ですね!若干清涼感がキツすぎる感はありますが、冬でもリフレッシュ♡ってことで :D

  • Reply ノリック 14/02/2015 at 03:12

    あ…
    パスタ 食べちゃってるシ。

    街は
    ウカれて…

    着飾った
    ムスメたちは 期待にムネときめかせて
    ハシャイでいる というのに…

    今日の
    オレはと言えば
    ひとり 涙のバレンタイン… グスン。

    帰るにょ。
    レシピブログ… 応援もしとコかナ。

    ん?
    おぉーーー

    なべちゃん
    プロフィール写真 キレイだにょ♪

    • Reply misa 15/02/2015 at 23:54

      ノリックさん、こんにちはー!
      いやいや、ひとり涙のバレンタインだなんて嘘ばっかり♡ 奥様にもお料理ブログの素敵女子たちにも愛されてるじゃないですかー。

      あの本物のバナナをかぶったプロフ写真をキレイと言ってくださるのはノリックさんぐらいですよ・笑。こんなことやっているから、バレンタインにムネときめかせるような状況にもなりゃーしないんですよね。。。バナナ食べてふて寝します!

    Leave a Reply