スイーツ

Carrot Cake

28/10/2014

・・・キャロットケーキ・・・

にんじんとフルーツとナッツがたーっぷり入ったキャロットケーキ。ふんわりしっとりのケーキをクリームチーズのフロスティングと一緒に。
にんじんとフルーツの自然な甘みを楽しみたいのでお砂糖は控えめで作りました。
にんじんってとっても美味しいんだよねー、って、ウサギの気持ちがわかる午後。

 

あ、ここからは私的なつぶやきなので読み飛ばしていただいて結構です。

——— ここ数回、オカルト臭が漂う記事を書いてしまったせいですっかり魔女キャラが定着してしまったようだ。嗚呼、あれほど気をつけていたというのに。断じて言うが私は決してオカルト好きではない。まぁ、以前に『月間ムー』を愛読していたことはあったが。
ずいぶん昔から、ゴス、魔女、ベラ(妖怪人間ベム参照)と言われ続けてきた。飲みの席で出会った初対面同士の会話によくある何が面白いのかさっぱりわからない無意味な職業当てクイズでは「占い師?」と言われること度々。いったい占いを生業にしている人が全人口の何パーセントを占めていると思っているんだ?激レアな職業すぎるだろう。だいたいもし仮に私が占い師だったとして、そんな激レアな職業をズバリ言い当てられるぐらいならアナタが占い師になるべきだ。
イギリスに移住し、この手のタイプは “エキゾチック枠”というカテゴリーに入れてもらえると目論んでいたが、どうやらそうでもないらしい。その証拠にハロウィーンのいま時期に黒い服を着て外出すると、道行くキッズ達から「ハロー ウィッチ!」と声をかけられる。仮装してねーよ。
本人のビジュアル情報が伝わらないネット空間なのをいいことに、オーガニックコットンの服を着て北欧雑貨に囲まれ有機野菜のキッシュを食べているようなゆるふわナチュラル系になりすます計画で料理ブログをはじめたが、やはり初期設定が実際のキャラとかけ離れすぎていて無理があったようだ。蒼井優や原田知世を研究してあれほどイメトレしたのにこんなに早く魔女漏れしてしまうとは。イメージアップ大作戦のために今日は女子力の高いキャロットケーキでも焼くことにしよう。———

Carrot-Cake-2——————————

— キャロットケーキ(直径18cmの2段ケーキ1個分)—

にんじん 200g

くるみ 100g

パイナップルの缶詰(甘さ控えめなもの。水気は切る)200g

レーズン 100g

小麦粉 200g

重層 小さじ2

ベーキングパウダー 小さじ1

塩 小さじ1

シナモンパウダー 小さじ2

卵 3個

ブラウンシュガー 140g

サラダ油 100ml

ホワイトチョコレート 適量(オプション)

*****

— クリームチーズフロスティングの材料 —

クリームチーズ(250g)

バター(室温に戻したもの)50g

砂糖 70g

レモン汁 大さじ1

——————————

オーブンは170度に熱しておく。直径18cmのケーキ型を2つ用意し、内側に薄くオイルを塗っておく(材料外)。

にんじんはチーズおろしで粗めにすりおろし、くるみは大きめに刻む。パイナップルは細かく刻んでおく。

小麦粉、重層、ベーキングパウダー、塩、シナモンパウダーをふるいにかける。

別のボールに卵とブラウンシュガー入れ、泡立器でよく混ぜ合わせる。サラダ油を加えてクリーム状になるまで混ぜる。にんじん、くるみ、パイナップル、レーズンを加えて合わせる。粉類を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

半量づつ2つの型に入れて、オーブンで約35~40分、中まで火が通るように焼く。焼き上がったら網の上でよく冷ます。

クリームチーズフロスティングの材料をよく混ぜ合わせ、ケーキに塗る。ホワイトチョコレートを刻んで上に乗せる。

冷蔵庫で良く冷やして出来上がり。

10 Comments

  • Reply koi 30/10/2014 at 08:51

    2段重ねのケーキってそれだけでテンションあがるぅ~↑いやそれだけって失礼ですが(^^;
    そういう意味じゃいですよ(^^ゞ にんじんがたっぷり入ってヘルシーで美味しそうです。
    以前本に載っていたキャロットケーキ作ったらめちゃめちゃ甘くて・・・(--)
    misaさんの砂糖控えめとのことなのでチャレンジしてみます★
    しかもクリームチーズフロスティングってすごく気になります。
    初めて聞きました~パンに塗っても良さげな感じですか?
    クリチ好きにはたまらない♥
    その後、電化製品の呪いは大丈夫ですか・・・?

    • Reply misa 30/10/2014 at 22:21

      koiさんこんにちはー。
      ほんと、段重ねのケーキってテンションあがりますよねー!わかるわかる。

      キャロットケーキ、イギリスでは定番のケーキなのでカフェやベーカリーなどでよく買って食べるんですが、やはり甘すぎることが多くて(さすが外国) . . . 。なので、自分で作った甘さ控えめのものが一番お気に入りです。
      クリームチーズのフロスティングはレーズンパンとかの甘めのパンには合うかもです。私も今度試してみよーっと。

      電化製品の呪いはやっと解けたようです . . . 。あー怖かった。

  • Reply きんぎょ 30/10/2014 at 09:33

    きいて きいてええええ ミサしゃーん!
    あのね。 きっと 遠い地からの呪いぢゃなくって 魔法。

    魔女説言ってたら 行った先の食器屋で 魔女とほうきのピン発見

    気が付いたらお買い上げ。  ほおおら 何かの呪文だわよー。

    もうね。 ミサしゃんがご近所にいたら 2セット買占め
    絶対 ピンポーンって 押しかけてたざんす★  そして 強制的に贈りつけ。
    で、お礼にって 強制的にキャロットケーキ争奪して逃げてたかもーーーー!

    いいなぁ あとでウサギソテーにされてもいいから
    このケーキ食べれるなら  あたし ウサギになりたひ。

    • Reply misa 30/10/2014 at 22:21

      金魚さん、ウエルカム to ウィッチクラブ。
      ウィッチクラブへのご入会おめでとうございます(え、全然めでたくない?)。魔女とほうきのピンがクラブ会員の証です。
      . . . って、えー、食器屋さんにそんなものが。いやいや、私の分まで買ってもらわなくて大丈夫です金魚さん。もうすでに魔女キャラなのにこれで魔女ピンつけてたら本気で怪しすぎます・笑。

      金魚さんは色々な小物やお皿やインテリアグッズ見つけるの上手ですよねー。私も何か可愛いもの探しに街に出よう。もちろん狙いはゆるふわナチュラル系小物 :D

  • Reply 葉っぱ 01/11/2014 at 05:19

    昨日ね、昨日ね。日本時間の10/31, 20:00頃ね。
    会社帰り、上野駅で、乗継で。
    ごっつりムキムキ体系の長身で、
    それでいて身体に白い布一枚を巻き付けただけの、半裸の白人男性と同経路を歩く羽目になったんです。気付けばその男性が斜め前を歩いていたの。

    一瞬、場所も場所だけに^^;;; 『怪しいひと?危ないヒト!!??><』と警戒しちゃったんですが。
    その直後に思い出しました、ミサさんのこの記事。
    そうだ、ハロウィーンだ。
    ああ、キリストのコスプレか。なんかアタマに、100均で買ったっぽい草巻きつけてるし。後ろの布は安全ピン丸出しで留めてるのもご愛嬌(←分かった途端にこの余裕)

    おかげでほっとしましたよー、ミサさん、ありがとう!

    ……と、ミサさんにとっては不本意極まりないであろう謝辞で始まりまして。

    こ、この美味しそうさときたら……!
    スポンジとクリームのコントラストも美しいし、アンティークの小物を敢えて見切っちゃうこの潔さ。
    カッコイイの一言です。圧巻。

    煮込まれた人参独特の甘みは苦手なワタクシなのですが、
    このキャロットケーキは絶対美味しいっ、是非食べたい!

    • Reply misa 04/11/2014 at 22:15

      えー!キリストのコスプレって斬新ですね。。
      でも白布一枚ですむし低コスト。私もこんどこのコスプレにしようかな。それか布を赤色に変更してチベット僧(どちらもとんだバチあたりコスプレ)。

      いやー、私のハロウィーン体験談でお仕事帰りでお疲れの葉っぱさんをほっとさせることができるなら、何度でも呼ばれてみせます ”ハロー・ウィッチ” と。

      そうなんです、スポンジとクリームのコントラストを出したビジュアルが作りたくて、面倒くさーいと思いながらも表面にクリームチーズフロスティングを塗った2段ケーキを作ってみました。葉っぱさんにわかってもらえて嬉しいです :D

  • Reply kao-chan 01/11/2014 at 20:33

    misaさんのキャロットケーキ。興味津々です。
    私、外国のケーキにはちょっと警戒心を持っていて、お砂糖でじゃりっとするんじゃないの? 歯が溶けるんじゃないの?と思いながらいつもフォークを入れていたんですが、自分でキャロットケーキ作ったらいいんですね。なぜかあの甘ったるい味を思い出して、キャロットケーキ、我が家では登場していなかった。
    そして~~misaさんの独り言~~。めっちゃ笑ってしまった。北欧、ふわふわ系???ありえない~!!
    実は実は、私も北欧ふわふわ、ナチュラルを目指してみたことがあります。日本でめっちゃ流行っていた時期があったもので。でも、無理なんですよね~。ナチュラル系の服を着ると、体型隠し、もっさりとしか見えない。インテリアは和風に見事に溶け込んでしまって、全く洋風な感じがしないんです。
    で、諦めました。私、北欧風にしては色素が濃すぎるし(むしろアジア・ラテンに行く方が、それこそ自然)、ナチュラルに溶け込むには自分が濃すぎるんだなと。
    なんで、misaさんも(一緒にするなって?)重要なのは、諦めです。misaさん、魔女キャラ素敵すぎます。何かに溶け込むには、キャラが強すぎるってことで、お互いに諦めましょう。(そして傷を舐め合いましょう・・・・・・)

    • Reply misa 04/11/2014 at 22:15

      そうそう、外国のケーキって、これでもかっていうほど甘くてどっしりしたものがあってビックリしますよねー。もはやケーキではなく羊羹。

      おぉー、kao-chanも北欧ゆるふわナチュラル系を?うーん、kao-chanがねぇ〜〜(←今、私の顔かなりにやけています。会ったこともないのにすみませんー)。

      ほんと私なんて、ブログをはじめて初期の頃のかなりキャラを隠していた段階で、kao-chanには魔女系と言われてましたからね。どこでバレたんだ!この人すごい!と思ってドキドキしてましたよー。
      うん、kao-chanのおっしゃる通り重要なのは諦めかもしれません。憧れのゆるふわナチュラル系は諦めてkao-chanと傷を舐め合うことにします。。

  • Reply はらペコミ 04/11/2014 at 03:07

    こんにちは〜(^-^*)
    ちょっと仕事でバタバタしてて、ちょっと左手首が痛いペコミです♪

    キャロットケーキって食べた事も作った事もないんです(°◇°;)
    ケーキ屋さんに行くとついついチーズやらチョコやら抹茶やらを
    選んでしまいますので、食べるなら作るしかないかもです(笑)
    でもミサさんのケーキなら買っても食べたいかも♡

    ミサさんご本人はわかりませんが、センスの良いアンティークな
    雰囲気のお写真からはやはりオーガニックナチュラル系ではないかと(笑)
    でも私はその妖艶な雰囲気がとっても好きです(o´∀`o)褒めてますよ!

    私も女の子らしい可愛い感じに憧れますが、背はそこそこ高いし
    がっちり体型だし、強めな面構えなので服装もシンプルで
    カジュアルでどちらかというとおここっぽくなりがちです(T-T )

    • Reply misa 04/11/2014 at 22:15

      ペコミさんこんにちはー。左手大丈夫ですか?お大事にしてくださいねー!

      私もイギリスに住んでいなければキャロットケーキを食べる機会がなかったかもです。ケーキ屋さんに抹茶とかチーズとかがあったら私もそっち買います・笑。 あ、でもキャロットケーキは大好きですよー(でも見た目が地味なので、ケーキやさんで食べるなら可愛いケーキが食べたいな、と)。

      ああ、ペコミさんぐらいですよ、魔女キャラを”妖艶”と言ってくださるのは。。
      そっかー、ペコミさんって、描くイラストの作風から、それこそナチュラルオーガニック系かと思っていたのですが、シンプルでボーイッシュな感じ?なんですね。あーでもそれもすごく素敵♡

    Leave a Reply